忘れがちな結婚指輪は早めの準備を!

結婚式の準備というと、式場探しや招待するゲスト、当日の衣装などに気が向きがちで、意外と最後まで忘れられてしまうのが結婚指輪の準備です。

「ジュエリーショップに行けばすぐに買えるでしょ?」「どれも同じでしょ?」と思っているカップルもいるかもしれませんが、結婚指輪はひとつひとつがオーダー品。

店頭に並んでいるのはいわばデザインサンプルで、着ける人に合わせたサイズ、好みのダイヤの大きさで作られます。そのため、注文してから短くても1ヵ月はかかりますので、直前だと間に合わない危険性も。

「結婚式で指輪交換をしたい」、「両家顔合わせでお披露目したい」など、ふたりの希望から逆算して購入する必要があるのです。

パッと見た感じはどれも同じに見えても、素材やダイヤの大きさ、デザインなど各店ごとにさまざま。何となく違う気がするけど時間がないから決めるというようなことがないよう、結婚が決まったらまず指輪を見に行くことをおすすめします。

衣装関連アイテム購入は後からでも大丈夫!

当日は新郎新婦ともに白いハンカチを持つことになります。当然ながら衣装にポケットはありませんので(新郎の衣装にはありますがたくさん入れるのは不格好です)、薄手のものを用意しましょう。

また、花嫁はストッキング(ひざ下丈のものが便利)やブライダルインナー、新郎には靴下などが必要になります。和装をする場合は和装用の下着が必要になります。

こういった衣装にまつわる小物類の準備はあと後でOK。というのも、新郎の靴下の色や花嫁のブライダルインナーの形は、選ぶ衣装によって変わってくるからです。まずはメインとなる衣装決めから始め、それに合うものを購入するという流れが良いでしょう。

京都の結婚式場には歴史ある建物がたくさんあります。ゲストにはそのまま観光を楽しんでもらうことも出来ます。