二人の門出を祝うために基本ルールは守りましょう

披露宴の受付は、現在、どこの結婚式場でも30分前くらいから始めます。遅くとも15分前には受付をすませるよう、余裕をもって出かけましょう。会場に着いたら、クロークで荷物やコート類を預けます。女性の場合、ハンドバックだけを持って式場に入るようにしましょう。ストールがドレスとアンサンブルになっている場合、会場にはそのまま入れても、食事の時にははずさなければなりませんので、クロークに預けた方が良いでしょう。たいていの結婚式場では、遠くから来た招待客のために、更衣室を用意しています。式場に着いてから着替える場合は、その時間も考慮して、早めに着くようにします。着替えをしない場合でも、荷物を預けて披露宴会場へ行く前に、化粧室へ行き、髪の乱れや着崩れを直し、身づくろいをしましょう。

受付で署名をする時の注意点

現在の結婚式場では、受付は新郎側と新婦側にそれぞれ芳名帳が用意されます。受付の人に「新郎(新婦)の友人の〇〇です」と告げ、「本日はおめでとうございます。お招きいただき、ありがとうございます」と挨拶してから、芳名帳に記入します。字が下手でもなるべく丁寧に、読みやすい字を書くよう心がけましょう。記名の後、ご祝儀を渡します。ご祝儀は前もって用意しておいた新札にします。少々のシワなら、アイロンをかけておくと良いでしょう。

アクシデントが起きてしまったら?

到着が披露宴の開始時間に間に合わない時は、電話で受付の人に伝えます。受付の人がまだ到着していなければ、結婚式場のフロントに伝言を頼み、確実に伝わるようにしましょう。また、急に出席できなくなってしまった場合も、電話で受付の人に連絡をし、出席できなくなった理由を述べ、祝福の言葉を添えましょう。

福岡の結婚式場は新郎新婦の希望に合ったオーダーメイドの挙式・披露宴を執り行い、思い出に残る結婚式を挙げられます。