ローソファーを使いたい!どんな用途に適しているの?

背の高いソファーと違いローソファに座ると床との距離が近くなります。背の高いソファーだと上に乗って遊んだり転倒などの怪我に繋がりかねませんが、小さな子どもでも安心して座ることができます。また、ローソファーは寝っ転がることができるので、ベッドとして利用することができます。仮眠をとったり読書にも適しています。他にも、背もたれの高さやソファー自体の高さなどがローソファーによって異なるので、用途や目的ごとに選びましょう。

和室にもマッチ!ローソファーの使い方

日本では冬にこたつを使い暖を取るのは珍しくありませんが、これにローソファーをあわせることができます。背の低いローソファーならこたつの高さに合うのでソファーに腰掛けながらこたつで温まることができます。正座が辛くなった、足を伸ばしながらこたつに入りたいといった願いをローソファーなら叶えることができます。ただし、ローソファーといえども高さは様々なので用途によって選びましょう。また、和室に座布団の代わりに置くといった使い方もできます。正座の必要が無いのと、和洋折衷の独特な雰囲気を演出することができます。背が高くないので座椅子の感覚で吸われます。そうしたデザインを楽しめるのもローソファーの魅力でしょう。

ローソファーを一人で選ぶのが心配なら

ローソファーは背の高さだけでなく機能や生地など様々な種類があります。どれを選べばよくわからない、心配な時はインテリアショップで相談すると良いでしょう。家の雰囲気などからインテリアコーディネートをしてもらうのも一つの解決方法です。

ローソファーとは、一般的なソファーに比べて、座面の高さが低いソファーのことを言います。一般的なソファーより、壁の余白を広くし、天井までの距離も遠く感じさせるので、広々としたお部屋を演出できます。